中性脂肪を下げる方法【身体の中から健康の痩せるダイエット情報館】

サプリメントとレモン

健康な体となるために

ボディー

食生活の見直し

会社などの健康診断でメタボリックシンドロームと診断される人は中性脂肪やコレステロール値が高い傾向にあります。お腹の周りに脂肪がたまると腹囲が増し、メタボ診断されます。中性脂肪が高くなる理由としては肉売りなどコレステロール値が高いものを摂取する機会が多いことやアルコールの飲酒量が多いことそして運動不足が原因として挙げられます。若いうちは代謝も活発であるためそれほど気にせずに飲食できますが、年齢とともに代謝は落ちてくるので若い時の同じ飲食を行っていると健康診断で引っかかることになります。中性脂肪値を下げる方法としては一番は食生活の見直しと運動の取り入れを行うことです。肉類中心から魚や野菜中心の食生活にかえると効果があります。

適度な運動の重要性

食生活の見直しと併せて行いたいのが適度な運動の取り入れです。決して激しい運動を行う必要はなく、軽いウォーキングなどで十分ですが運動時間を30分以上行うことが必要です。運動を開始してから20分経過後から中性脂肪を燃焼しますので、30分以上の運動により中性脂肪値を下げることができます。運動も定期的に継続して行うことにより効果がでますので、長期間行うことが必要です。食生活の見直しと運動を取り入れても中性脂肪値を下げることができない場合にはサプリメントを摂取する方法が有効です。サプリメントを併用してもなお下げることができない場合には病院に通院して薬を処方してもらい、治療する必要があります。放っておくと心筋梗塞などの恐ろしい病気を引き起こす原因となります。